Bitcoin取引所についてあれこれ

以前書いたオヌヌメ海外FX業者の記事で、リスト入りした業者に対しての送金手段としてBitcoinを使う方法を提示したわけですが、実際に利用しようと思うとBitcoinの取引所っていくつもあって迷うよね。

各取引所は同じモノを扱っているにも関わらず独立しているので、取引所によって仕様やら価格の違いがあったりするのです。

しっかしほら、比較もせずに非合理的な選択をしたくないじゃないですか?カモられた気分にすらなるし。
カノープス全盛時代からグラボ基盤を改造するくらい人柱精神があるので“ヨッシャ!”と思い、全ての取引所を試してきました。

オススメできる日本のBTC取引所と仕様はだいたいこんな感じ。
個人的な意見がだいぶ入ってますが正直な感想です。


bitFlyer

実際に出来高と市場の厚みはけっこうある。
しっかし、bitFlyerFXは現物と全くリンクしてないのにBitcoinって名前がなぜかついてる信用取引が可能な投機市場で​、つい最近取引制限が採用されるまで完全感覚Dreamerと悪い人しかいないスラムでした。
良い子のみんなはbitFlyerFXは触らないほうがイイヨー。

そんなこんなでビットコインFXの取引高も含めて出来高世界No1を自称したりなどしていてちゃんちゃらおかしい部分もあるけど、実際に現物の出来高は日本で一番ある。
最重要な事項として「ビットコイン販売所」でBTCを購入するよりも「取引所」で売買したほうが安く買える仕様です。

スプレッドを比較すれば一目瞭然。

これが販売所のスプレッドで

こっちが取引所のスプレッド。

情弱はカモられるのが常だけどさ、あまりに差がある。1BTCあたり5000円近くも違う。
同じサイトなのに1BTC買おうと思ってもクリックする場所が違うだけで5千円も違うとかさぁ…やばくね?

資金調達や広告やアフィが他取引所より早かったから、うまいことメジャーっぽい雰囲気出せてるとこある。
BTCの送付は遅い。ETHの送付は人が確認してるらしく普通に遅いし、夜に送ったら次の日の朝にやっと送られるレベル。


coincheck

まず第一に、アフィリエイターに提示されるバナーが気に食わない。
コレじゃ。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

この「簡単」って売り文句だけど、これは上記のbitFlyerにおける「ビットコイン販売所」と同じように「コインを買う」ことを指してると思うんだ。
もちろんこの「コインを買う」ってのも「取引所」と比べたら割高にできてるわけ。
ユーザーなめてんじゃねーよ、と。

販売所だとこの値段で…

取引所だとこの気配


1BTCあたり750円くらい違う。

bitFlyerよりは価格設定がマトモではあるけど、このバナーじゃ、素人ユーザーをカモるためにアフィリエイターを利用させてると思われても仕方ないよね。気に食わない。
BTCが欲しいなら「取引所」で買いましょう。

で、実際の使用感は…普通にいい。流動性もあるし、現物と板がリンクしてる信用取引(最大レバ5倍)もあって使い勝手がいい。

“即日出金”は実際のところあんま使えない。というのも、おそらくはarb勢が午前中の早い時間に即日出金をガンガンかけるので、銀行から取引所に与えられた一日にできる即日出金枠がすぐ埋まってる感じ。既に枠が埋まっていてもWEB上で普通に即日出金申請ができてしまう。その場合は組み戻しになるので資金が数日拘束される。もはや通常出金しておけばよかったと思うレベル。

送付スピードはbitFlyerよりは速い。


ヽ(´エ`)ノ

 



Quoinex

なんか知らんけど()他の円建て取引所と比べてBTCの価格が安い事がとても多い。
ただし入金反映は遅いしBTCを含む暗号通貨の送付は最悪2営業日待たされる。
これはコールドストレージなる仕様で、オフラインなのでハックされる心配が少ないってことの裏返し。
レバが25倍もあったり、レバポジの現渡し相殺が可能だったりする。

一見出来高が存在するけども、実際のところの板の厚みはたいしてない。
BitPintの流動性提供元だったりする。

急がないけど安く買いたい人や、ずっと取引所に入れてビットコインをトレードしたい人にオススメ。


BTCBOX

流動性が薄いのでプライスが飛ぶ。
サイテーな友達のLAST RESORT


他にも取引所あるけど、パッとしないし利用する意義がまるで見いだせなかったので割愛。

次はBitcoinのプリペイドカードについて記事書くぞー。おー!