TradeviewForexを推してみる

良い海外業者を他人に教えたくないのには明確な理由があるんです。

パンピにメジャーになってくると金融庁が「テメェ許可とってんのか?あぁ?」って難癖つけてきて、リストに加えるんだ。こわい。

これって、問題がある業者だって認定しているわけではなくて、日本人に対して営業をかけるんだったら日本でライセンス取れよ!っていう圧力なんだけども…

このリストに載ってしまうと、その業者への銀行送金ができなくなるんだ。
銀行で送金しようとすると「この業者は金融庁のリストに乗っているのでダメです」って言われちゃうのです。
業者側が日本の金融庁の警告を無視して営業する方針だとしても、お金が送れないとどうしようもない。
海外FXは情弱が詐欺られることがあまりに多い業界だから仕方ないね。

最近だとNETELLERの後釜を狙ったわけのわからない謎ウォレットがいくつかしゃしゃり出てきたけども、手数料は高いし規制されたらNETELLERと同じ道をたどるわけで、継続性を重視して送金方法を考えなくてはならない。

日本の金融庁/FX会社への文句は多々あるんだけど、それはここで言っても仕方がない。
自分は合理的かつ最小の行動で最大のリターンをあげることをモットーとしているので、基本的に良いブローカーは仲間内だけで共有しています。

しっかし最近はクリック証券のFXが凍結祭りだー!とか話題になってたり、近々法人のレバレッジも25倍に制限されるとかで、日本のFX環境はユーザーフレンドリーとは言えないわけです。もはやかわいそうなレベル。
そんな環境だからか「どこの業者使ってるんですか!?教えてください!」って、よく聞かれるようになってきました。

そんなもん自分で調べてくれって感じなのですが、実際いいところを探すのって大変だよね。昔は自分も苦労したんだ。
確認もせずに詐欺業者を紹介しやがるヤツやステマが横行してて、一般的なサイトは見てるだけで嫌になる。
なので、一社紹介するね。

今回紹介するのはこちら。
Tradeview Forexさん。

スペックはだいたいこんな感じ

ケイマンライセンス LD4コロケーション
ちゃんとお金が出せる(超重要)
レバレッジ100~500倍 レバ100倍口座(Innovative Liquidity Connectorアカウント)がスプ狭くてめっちゃいい。
A-Book(業者と利益相反なし)
アグリゲーターとMT4ブリッジに関して、業界で一番優秀なヤツを採用してる。(2017年2月現在)
日本語対応可能。

日本語の口座開設ページはこちら

現在は金融規制に参加してないに等しい。でも、緩いところでもきちんと運営してるところもあるわけです。最近OECDの圧力厳しいからね。

レバレッジ高いところはだいたいB-Bookなんだけど、Deposit金額が増えたらレバが下がるところは信用できます。
基本的にプライムブローカーから与えられるレバは100倍で、それ以上のハイレバは業者の信用を裁量で与えてくれてるわけだけど、業者だって無尽蔵にお金があるわけじゃないからね。当たり前だけど。

ここへの送金方法は、Upholdを経由するBitcoin送金を使ってもらいたいんだ。
UpholdはBitcoinのウォレットで、円転やドル転やBitcoin転が容易にできます。Tradeviewさんはここと提携しているので、Bitcoinからの入出金が容易に行なえます。
上記の通り、銀行送金をすると日銀ネットを通らないといけない関係で、日本の金融庁には絶対に目をつけられるんだ。でも、Bitcoinでの送金なら日銀ネットは通らないし、誰にも止められない。
諸経費はだいたい1%台で済むし、そう考えると為替手数料のかかる銀行送金やNETELLERなんかより全然いいよね。

この方法で送る場合、Bitcoin取引所への口座開設も必要です。
ちなみに、Bitcoin購入から送金完了までの間にBitcoin相場が下落したら損するわけだけど、同じ分だけ信用売りを持てば安易にヘッジ出来ます。取引所からのBitcoinの送金時間はzaifが最も速いのでオススメです。
この送金方法があるから、この業者なら紹介してもいいかなって思ったのです。

レバ100倍の口座のスプはこんな感じ。

日本の業者と比べても遜色のない、かなり狭いスプレッドだよね。
あるプライムブローカーが推す技術屋のアグリゲーターを採用することによって、20LP以上のプライスを合わせているみたい。
そこの技術屋ってMT4ブリッジに関してはイマイチなんだけど、Tradeviewさんはそれを知っているのか、ブリッジは別会社のを使ってる。
パッケージでまるまる採用するのではなく、わざわざお高くつくいいブリッジを選んでるあたりも好感が持てる。

ほとんどの人が気にしないんだけど、どこのMT4ブリッジを採用しているのかは実はものすごく重要な事だったりします。
この件は話すと長くなるので、後で記事にしようかな。

生データを見るとネガティブスプレッドも発生してるから、API取引をするガチ勢にもとってもいいと思うんだ。FIXAPIはver 4.4だそうな。
仕様上MT4ではネガティブスプレッドは発生しないんだけど、ユロドルなんかでスプレッドゼロもしょっちゅう発生してる。

ちなみに最大レバ500倍まであるX Leverageアカウントでも約定関係の仕様はInnovative Liquidity Connectorアカウントと同じだそうな。
データとったけど、確かに同じっぽい。


日本語の口座開設ページはこちらから。
複数口座を持った場合の口座間資金移動申請はこちらから。
X Leverageアカウントのレバレッジ変更申請はこちらから。


利益に関しても日銀ネットを通りたくないのであれば、海外のBitcoinプリペイドカードを経由すれば、NETELLERのようにコンビニなんかのATMで出金ができます。
最近はどこぞのブローカーが出金用に専用デビットカード/プリペイドカードを用意したのに、オトナの圧力によってカードが使用不可能になったりしてるじゃないですか。
Bitcoinならそういうのも回避できるわけです。あるカードが何らかの事情で使えなくなったとしても、BTCを転送して違うカードで出せばいいだけ。

もちろん、技術的に可能っていうだけであって、税金はしっかり払いましょう☆(ゝω・)vキャピ

あとであかん業者に関する記事も作ろうそうしよう。