年越し両建て節税について

どうもぼくですヽ(´エ`)ノ

今年は米選挙前にポン円で両建てを仕込んでいたので、
べらぼうに年末両建てで節税できそうな感じです。

損益通算やら繰越控除が効くようになったので…
ガチトレもけっこう使ってる手段だと認識しています( ˘ω˘ )

よくわからない方のために画像で簡単に説明しますね。


まず、年末に向けて両建てのポジを持ちます。

できるだけ動きそうな通貨ペアがベストですね。ええ。

そして、12月の後半、相場が閉まる前に…

両建てポジのうちの損失ポジのみを決済します。

そうすることで、今年出た利益額を合法的に減少させることができます。

で、2017年になったら残ってる利益ポジを決済すれば…

いきなり利益からスタートできるわけです。

これをすると利益に対する課税の先送りが可能なのです。

いやほら、今年はパフォーマンス良かったけど来年もいいとは限らないじゃん?

もちろんこれは国内業者で個人がFXしている場合に使える技でして、法人では意味がありません。

毎年やっているので課税を先送りしている額がどんどん増えています( ˘ω˘ )

今年はもう厳しいかなーと思ってたらトランプさんが選ばれるサプライズで円が売られまくり。
ポン円がたいへんなことに。

そんなこんなで

今年もばっちり税金を

あんま払いませんヽ(´エ`)ノ

でね、この両建ての技って更にイケてるポイントがあってさ

両建てに証拠金があんまり必要のないFX業者を使うと、
想像以上ににガッツリ節税できちゃうんです。​

どういうことかって言うと、日本のFX業者はたいていが呑み行為で経営がなりたっているわけですが…
そのおかげで、両建てしても証拠金が片道分しかいらない業者が結構な数存在します。

その中には「ウチはNDDで注文は全部自動で流している!」と言い張っている業者も含まれます。
全部市場に流していたら絶対に証拠金は往復分かかります。実に不思議な話ですね。
(仮に自身の玉と自動でマリーするシステムを採用しているのであれば不思議ではない)

しかしながら両建てをするということは…
指標などでスプレッドが拡大した時に含み損が拡大するので
指標時にスプレッドが激開く会社での運用は危険です。
ヒロセとかJFXでやるのは危険だよってこと。

個人的には…

両建てにも片道分の証拠金しか必要なく、
リクイディティのために子会社を作るくらいやる気があって…
指標時にも安定したスプレッドを提供してくれる…
SBI FXトレードなんかがベターだと思っています。

あぁ、ノンアフィリつれぇ。

レバかけずになが~く持つのであれば、スワップも気にして比較してみるといいかもね。

という
今からじゃどうしようもない話でした☆(ゝω・)vキャピ