KYトレード研究日誌②

GUIがだいぶ大きくなってきたわけですが、以前に比べて非常に把握しやすくなりました。

根本的な問題なのですが、みなさんは普段どのくらいの枚数でトレードしていますか?
自身のIB報酬から逆算すると、大半の方が5枚程度の発注をしているように思います。

FXの世界は過酷でして、上位1%の方が凄まじいリターンを上げている中、大半の方が5枚程度で消耗した後に去っていきます。
ぜひ上位1パーセントの方にはぼくのIBからTradeviewFX口座開いてトレードして欲しい…(真顔)

KYトレードの計算式はなるべく正確にポジションを取ることを目指しているのですが、そもそもの発注枚数が少ないと、どうしてもある程度ポジションに偏りが発生します。

例えば…
現在レートで100枚のドル売りポジションを取った場合、実オーダーは以下の通りになります。

KYトレードの計算式は分割する際に百分率を用いているので、分散した際にそれぞれのペアへの発注が10枚以上になる場合は偏りがほとんど発生せず非常に正確にポジションを持つことが可能です。

しかしながら、現在のレートで10枚でドル売りの発注ポジションを持った場合は…

このように下位の1桁が省略されてしまうのです。
KYトレードはスイングから長期のトレードが推奨されると想定しているのですが、歪みを抱えたまま長い時間保有するのは設計上好ましくありません。
MT4の発注枚数の最小桁が1000通貨である​から仕方のないことですが、ポジションを取った段階で歪みが発生してしまうのはできるだけ避けてもらいたいと思っています。

日誌を追いやすいようタグを作成しました。

KYトレード

こちらのタグで一覧表示します。

夏風邪がぶり返してきたので、今日はこのへんで。