KYトレード研究日誌⑧

これまでメリットを多く発見してきましたが、KYトレードにもデメリットはあります。
一番にあげられるのはコストの高さです。

取引内容が全く違うので一律に比較することは正しいとは思いませんが、同じ枚数をEUR/USD等の流動性の非常に高い通貨ペアと比較した場合、スプレッドが広めの通貨ペアでもポジションを持つため取引コストが上昇します。
そして、最大のリスクはポジションの土日持ち越しです。

全てのFX取引において持ち越しはリスクの一つですが、KYトレードは流動性の低いペアでもポジションを持つので、引けや週明けのワイドスプレッドで評価損益が悪化します。
例えば、一般の方はGBP/NZDなんて普段まず見ないと思いますが、このくらいスプレッドが広がることは普通です。(ブローカーによる)

更に言うと、流動性の低いペアのスワップもなかなかのものです。​
某業者でのGBP/NZDのスワップは以下の通り。

うん。凶悪ですね。(この業者は比較的スワップの差が広い方)
スワップ設定は業者によるわけですが、売りと買いのスワップが狭いところのほうがやりやすいです。
買いでスワップ三倍Dayをまたいだら-14.7ポイント×3なので…
44.1pipsぶんのマイナスが発生します。ひいぃ。
 

あとは…
業者によって最大保有可能ポジション数が違うのですが、MT4上で対応できる範囲で対応しました。
業者によってはプラットホームでの上限制約がないけれど、一定数を越えた場合に「ポジションが多すぎるので少なくしてくれ」と言われる場合もあるようです。
事前に聞くのがベターだと思われます。

 

日誌を追いやすいようタグを作成しました。

KYトレード

こちらのタグで一覧表示します。

11 件のコメント

  • MT4における最大ポジション保有数の関数が存在しないのは、MT4は予約注文も含めた注文数で上限管理

    しているからでは?

    注文保有の上限を取得する AccountInfoInteger(ACCOUNT_LIMIT_ORDERS) でチェックすればいい気が?

    0返却時は、無制限ということらしい(ちなみに紫豚さんだと、0が返ってくる)。

    ただこの取得値とHPの仕様が違ってたり、複数口座全体の最大注文数ととらえてる業者もあった気がするし、

    最終的にはトレードする業者に事前確認したほうがよさそう。

    • Account limit orderは業者によって扱いが全然違うので正しく取れないことも多いです…。ブリッジによって扱いが違うのかもしれません。
      IB版であれば仕様の固定も可能ですが、今後仕様変更される場合も考えられますし、できるだけアップデートを必要としない設計にしたいと考えているので今回は実装しないことにしました。

      • うーむ、もし暫定対応するなら、1回のバスケット注文で、全ポジ取るまでに途中でERR_TRADE_TOO_MANY_ORDERSの発注エラーが発生したら、途中まで取ったポジを解消して、「上限に達しました」みたいなエラーを表示するですかね。スプと手数料分、損するけど。

        あるいは上限は外部ファイル等で設定/変更できるようにして、各自で調べて必ず事前に初期設定する(自己責任)という形にして、未設定ならEAは動作しないみたいにするとかですかねぇ。

        • ご指摘ありがとうございます。
          推敲せずに投稿しているので、あとで読むとニュアンスが違う場合が多々あります。苦笑
          “業者ごとに扱いが違う” ので条件の一律指定が難しく ”コントロール出来ない” 要素があるという意味合いを込めていましたが、非常に分かりにくくなっていました。
          何らかの形で実装できるかは興味がありますが、既にある程度重いので今回は実装しない方向で検討しています。

          文章を訂正しておきます。

        • 予約注文を含めた最大数はACCOUNT_LIMIT_ORDERSですが記事中で書かれている"最大ポジション保有数"の関数はありません。よって、記事中の記載が誤っているようには見えません。

          • 記事中には「コントロールができないので諦めた」と書かれていますが、実際には「コントロールは出来るけど業者ごとに扱いが違うので敢えて実装しない」ということですよね。これは誤りだと思いますが。違いますか?

  • "コントロールは出来るけど業者ごとに扱いが違うので敢えて実装しない"とはどこに書かれているのですか?
    "業者ごとに扱いが違う"ということは、すなわち"コントロール出来ない"と同義ですよね。

    なぜこの点を執拗に指摘されているのか分かりません。

    • 同義?すぐ上のyasuさんのコメントすら読まずにコメントされているのですか?

       

      誤ちの情報を見つけた際に、記述者に伝えるのはWeb上で一般的な文化です。

       

      執拗というのは単なるあなたの主観である上、yasuさん自身がご意見されるならともかく

      無関係のあなたが何度も頓珍漢なことを仰っているから、こちらも何度もコメントせざるを得ないだけですよ。

  • いつも拝見しております。

    デモ口座ですが、EAにて主要8通貨を24時間ずっと追いかける取引をテストしており安定的・且つ想定以上の大きな利益がでるようになりました。

    スイングトレードではなく短い時間足で頻繁にBUY/SELLを切り替える仕様な為、
    注文件数(取引件数)が半端ない事になってるんですが(日あたり2000件以上)、
    A-Bookの業者であれば約定に問題ないのでしょうか?
    当方、B-Book業者にて過去に口座凍結された歴ありです。。
    ブログ記事には事前に業者に確認して~とありますが、以前のブログ記事でYasuさんも平気でポジションが100を超える。。と書かれてたので失礼ながらお聞きしました。

    経験値から如何思いますでしょうか?
     

    • A-Bookであれば問題はありません。
      LPが少ない業者であれば問題視されることもありますが、業者と利益相反がなければ基本的に利益の出金はできます。
      現在KYトレードに絡んだテストを行っていますが、1日1000件を超えても苦情は来ていません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。